硬貨を積む人

収益物件に投資をしよう|優雅な生活を望むなら

賃貸借契約に利用

スーツの人

両者にメリットがあります

家賃債務保証を提供してくれる会社が存在しています。どのような保証内容化かというと、賃貸物件の賃貸借契約を結ぶ際に、借主側の連帯保証人としての役割を果たしてくれるのです。これによって、借主側は連帯保証人を親族などに頼む必要がなく、連帯保証人がいないから借りられないといったことがなくなるのです。また、貸主側にもメリットがあり、借主が家賃を滞納した場合に、代わりに支払ってくれることから、家賃収入が途絶えることがないのです。このように家賃債務保証は借主側にも貸主側にもメリットがあることが分かっています。借主側が万が一、家賃を滞納した場合には家賃債務保証を行ってくれる会社が一時支払ってくれるため、この会社に債務を支払うことになるのです。

非正規労働者でも可能

家賃債務保証会社を連帯保証人にすることによって、収入が不安定な職業が低所得の場合でも物件によって、賃貸物件を借りることができます。従来は非正規労働者の場合には、貸主側の意向によって、物件を借りることができないケースがとても多くありました。しかしながら、現代の日本では非正規労働者が増加してきたことから、従来の考え方だけでは賃貸経営がスムーズにいかなくなったのです。家賃債務保証会社を間に入れることによって、借主側も貸主側も互いのリスクを軽減することができるのです。時代の流れとともに、家賃債務保証会社を利用することは一般化しつつあるのです。家賃債務保証会社を利用する場合には、賃貸借契約を結ぶ際に、家賃1か月分などの保証料を支払う必要があります。